駅近物件がベスト?オール電化のメリットにも言及!

駅近物件に人気が集中!駅から遠い物件のメリットは?

賃貸物件を探すと、築年数よりも最寄り駅からの距離の方が重視されていることがわかります。駅近物件とは、最寄り駅から徒歩10分以内の物件を指します。多少古い物件でも、駅に近いと空室率が低くなるのです。駅に近ければ、通勤や通学が楽になるため当然と言えるでしょう。ただし、駅近物件は、家賃が高くなる傾向があります。これに対し、駅から徒歩15分以上といった最寄り駅から遠い物件は、相対的に家賃が下がります。もっとも、駅から遠くても駐車場を完備し、住環境が快適なら、必ずしも不人気とは言えません。特に、戸建賃貸住宅の場合、駅から遠い物件でも需要があるでしょう。多少通勤・通学が不便でも、車通勤したり最寄り駅まで自転車を使ったりして不便を克服する人が少なくないのです。

オール電化のメリットと注意点

インフラの効率化を図るため、オール電化の賃貸物件が増えています。オール電化なら、ガスコンロが不要になり、火災のリスクを減らせるでしょう。IHは火を使わずに加熱できるのです。共用エントランスにオートロックを設け、モニター付きインターホンを完備すれば、セキュリティ面も充実します。ただし、オール電化の物件は停電に弱く、いったん停電すると、全ての設備がストップしてしまいます。共用の電動ポンプが動かないと、水道も止まってしまうのです。非常時に備えて、水の備蓄やカセットコンロといった代替品の準備も必要になるでしょう。また、停電がなくても、オートロックなど一部の故障により全体に影響するケースも見られます。

千歳市は観光地で、駅、バスターミナル、空港など交通の便が揃っているため、住民も観光客もスムーズに動けます。この利便性の高さから、千歳の賃貸は住み心地が良い傾向にあります。

Related Posts