ユニットバスは魅力的なの賃貸設備と考えるべきか?


ユニットバスはメリットとして扱われていないのが実情

ユニットバスは本来は風呂場の構造の一種なのですが、一般的には風呂とトイレが一体化したものを指して使う言葉になっています。賃貸住宅の現場では、この使い方で統一されていると言えます。風呂とトイレが一緒になっていることで、スペースを節約して狭い部屋を有効活用しています。広さのある部屋では採用されることが少なく、バストイレ別という言葉は広さをアピールする言葉として使用されています。しかし、ユニットバスにはメリットもありますし、選択することで利益を得られる人もいます。安い物件の特徴のように思われる傾向がある設備ですが、ただ単にスペースの節約だけしか効果がないわけではありません。

ユニットバスのメリットと選択するべき人

風呂とトイレが一体化しているのでスペースが節約出来ることは間違いありません。風呂やトイレの広さにこだわりがない人なら、スペースが有効活用出来ていると考えることが出来ます。居室内の広さが確保されていても、トータルのスペースは狭いわけですから家賃は安くなります。居住空間の広さだけを考えれば、安く契約できる物件になります。更に、風呂とトイレが一緒になっているので掃除は非常に楽です。トレイも風呂も水を使うので、湿気が溜まりやすくマメに掃除をしないとカビの原因になってしまいます。トイレ部分の掃除でもシャワーを使って一気に綺麗にすることが出来る点も魅力です。つまり、ユニットバスは風呂やトイレに広さは求めないけど、少しでも居室は広い方がいいという人には割安な物件になるのでメリットが大きいです。また、マメに掃除をするのは苦手だけれども、清潔な状態を維持したいと考えるタイプの人にも魅力的な設備です。

釧路の単身者向け賃貸相場は5万円前後と他のエリアに比べて安めです。日当たり、周辺環境で金額に差が出るので、釧路の賃貸を利用する時は自分の目で確認をして判断をする必要があります。

Related Posts