賃貸に引越す際の効率の良い荷造り準備方法


段ボールの調達と荷造りポイント

賃貸への引越しの準備として、まず荷造りをしなければなりません。安く済ませるためにも、段ボールはスーパーやドラッグストアなどで不要になったものをもらってくるのが堅実です。しっかり丈夫で湿気のない箱を選びます。賃貸物件の場合、ハイツなどは部屋数も少なめです。何もかも持って行くのではなく、必要な物だけをまとめて不用品は買取などしてもらうとお得です。本のようにかさばると重い物は、段ボールに詰めると底が抜ける可能性があります。本は重ねて紐で縛ると持ち運びの際にも安心です。クッションやタオルは、食器のように割れやすい物の下に敷くことで破損を防ぐことができます。できるだけ荷物はコンパクトにまとめて、運搬する段ボールの数を減らすようにしましょう。

引越し先での開梱や片付けをスムーズにするために

賃貸物件への引越しは、地方からの学生や単身赴任など単身者も多く見られます。一人分の荷物であれば、業者に依頼せず自分でトラックなどを借りて運搬する人もいるでしょう。いずれにせよ、できるだけ要領良く移動や開梱をしたいものです。そのための方法として、新居の部屋ごとに荷物をまとめて荷造りすると便利です。「リビング」や「寝室」など、それぞれの部屋に置く荷物を1つのダンボールに梱包します。そして段ボールの蓋には、「リビングへ」、「寝室へ」というようにどこに置くかを明記するのです。そうすれば新居での開梱片付けが非常にスムーズです。新居で荷物を持って動き回る労力を減らすことができます。

苫小牧の賃貸はインターネットでも探しやすいように明記している不動産が多いです。転勤の方も前もって調べてから見学に行く方もたくさんいます。

Related Posts