安さが最重視される!?賃貸住宅を選ぶ人がこだわるポイント


賃貸住宅選びで特に重視されるのは賃料

当然ながら賃料を何年払い続けても、自分の住宅になることはありません。そのため賃貸住宅を選ぶときは、なるべく安い物件を探そうと考える人が多いです。これは毎月の賃料に限ったことではなく、初期費用にも言えることです。賃料が安ければ安いほど、生活費に余裕が出るわけです。ただし激安物件は訳ありのケースが多いので、安ければいいとは言い切れません。大切なのは安さと住みやすさのバランスであり、例えば平均よりやや賃料が高くても、立地環境が優れていればお得物件になりえます。一般的に都市の中心部にある物件は高額になり、これは周辺施設へのアクセスがよく、また駅が近いからです。駅チカの物件を選べば、クルマがなくても生活できるケースが多いため、長い目で見れば生活費を抑えられることが少なくありません。

どのようなタイミングで賃貸住宅を探すか

賃貸住宅の賃料をいくらに設定するかは、大家さんの判断にゆだねられています。賃料は値下げ交渉をすることで、安くしてもらえる可能性がありますが、成功率はタイミングにより大きく異なります。例えば1~3月は家探しをする人が増えるので、安くしてもらえる可能性は低いです。賃貸住宅の賃料においても、需要と供給のバランスによって変化してくるわけです。ただし空室が多い物件であれば、どのような時期でも安くしてもらえる可能性があります。貸し手側としては空室がある状況は最も避けたいと考えるからです。値下げ交渉をすればあっさり賃料を下げてくれるケースは実際にあるので、ダメ元で試してみる価値はあります。

江別の賃貸を探す場合、大手の不動産屋ではなくその地域で長年経営している不動産屋で探しましょう。その土地を知っている不動産屋に相談することで自分に合致した物件を探すことが可能です。

Related Posts